macOS Sierra ― コピー&ペーストができない・異常に遅いときの対処法

macOS Sierra(シエラ)でテキストのコピー&ペーストができない、もしくは異常に遅いときの対処法をご紹介します。

スポンサード リンク

CloudkitのCatheの一部を削除してclouddを再起動する

macOS Sierra で「ユニバーサルクリップボード」が提供されてから、Macのコピー&ペーストが動作しないことが多くなってきました。

macOS Sierraのコピー&ペーストが動作しない時は「Cloudkit」の「Cathe」ファイルの一部を削除し、「アクティビティモニタ」でclouddを再起動すると症状が改善することがあります。

▼やり方は簡単です。まずFinderの「移動」を選択し、optionキーを押しながら「ライブラリ」をクリックします。

Finderの「移動」を選択してoptionキーを押しながら「ライブラリ」をクリック

▼次に「ライブラリ」フォルダにある「Cathes」フォルダを開きます。

Cathes」フォルダを開く

▼続けて「CloudKit」フォルダを開きます。

「CloudKit」フォルダを開く

▼「Cloudkit」フォルダ内にある以下のファイルを削除します。

  • CloudKitMetadata
  • CloudKitMetadata-shm
  • CloudKitMetadata-wal
Macos sierra copy and paste problem7

▼次に「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダにある「アクティビティモニタ」を起動します。「cloudd」を検索してウィンドウ左上の×ボタンをクリックします。

「cloudd」を検索する

▼最後に「cloudd」を終了させるだけでOKです。

clouddを終了する

今回のポイント

あとがき

macOS Sierraでコピー&ペーストが遅くなったり、何度操作してもうまくいかない場合は上記の方法を試してみると効果が期待できます。

僕は現在、この方法を試してから快適にテキストのコピー&ペーストができています。

あくまでも自己責任になりますが、コピー&ペーストがお困りの方は参考にしてください。

以上「macOS Sierra」でコピー&ペーストができないときの対処法でした。

【追記】

上記の方法を試してもコピー&ペーストができない症状が再度出現してしまいました。

色々と試行錯誤した結果「Handoff(ハンドオフ)」をオフにすることで問題を解決することができました。

この記事のTipsで症状が解決できない場合、是非一度「Handoff(ハンドオフ)」を無効にしてみてください。

Mac ― Handoff(ハンドオフ)をオフにする方法

2017.01.26
スポンサード リンク