macOS High Sierra ― 初期化・再インストールする方法

Mac 設定・使い方・小技

「macOS High Sierra」を初期化(クリーンインストール)、再インストールする方法をご紹介します。

スポンサード リンク

macOSの初期化・クリーンインストール・再インストールとは?

Macを他人に譲渡・売却するときや、様々なメンテナンス操作をしてもMacの調子が悪い時など、macOSを初期化・再インストールしなければならない場面があります。今回は「macOS High Sierra」を初期化する手順をご紹介します。

どんな時にMacの初期化が必要?
  • Macを他人に譲渡・売却する時
  • メンテナンスをしてもMacが起動しない・調子が悪い時
  • 起動時に禁止サインが表示される

macOSを初期化する前に済ませておきたい準備作業

まず、macOSを初期化する前に以下の作業を済ませておきます。

Macのデータをバックアップする

Macの初期化・再インストール後、以前のデータを復元して利用する場合はMacのバックアップを取っておく必要があります。

「Time Machine」でMacをバックアップする

「Time Machine」でMacのバックアップを取る時は、「システム環境設定」→「Time Machine」の順にクリックします。

システム環境設定 Time Machine

次に外部ディスク(外付けのSSDやハードディスクなど)をMacに接続し、「バックアップを自動作成」にチェックを入れてバックアップを取ります。

Time Machine バックアップを自動作成

「iCloud Drive」でMacをバックアップする

Macの必要なデータやファイルだけをバックアップしておきたい場合は、「iCloud Drive」に保存することも可能です。

外付けのディスクは物理的な故障や破損などのリスクがありますが、Appleのクラウドデータサービス「iCloud Drive」を利用すれば、そのリスクを避けることができます。

5GBまでは無料で利用することができ、有料プランであれば最大2TBまでのデータを保存することが可能です。

「iCloud Drive」のストレージを購入もしくは容量を変更する場合は、「システム環境設定」の「iCloud」をクリックします。

システム環境設定 iCloud

次に「iCloud」のウィンドウ右下にある「管理」ボタンをクリックします。

管理をクリック

「ストレージを管理」ウィンドウの右上にある「さらにストレージを購入(ストレージプランを変更)」ボタンをクリックします。

iCloud ストレージを購入

任意のストレージプランを選択します。

iCloud ストレージプランを選択する

ちなみに「iCloud」のストレージプランと料金は以下の通りとなっており、200GBと2TBのプランであれば「ファミリー共有」を通じて、家族とストレージを分け合うことができます。

 5GB50GB200GB2TB
料金無料130円/月400円/月1,300円/月

Mac ― iCloud の容量を追加購入(アップグレード)・ダウングレードする方法

2018.04.22

iPhone/iPad ― iCloud の容量を追加購入(アップグレード)・ダウングレードする方法

2018.04.22

「iTunes」でコンピュータの認証を解除する

「iTunes」を起動し、「アカウント」→「認証」→「このコンピュータの認証を解除」の順にクリックし、コンピュータの認証を解除しておきます。

iTunes認証解除

「iCloud」をサインアウトする

Macを初期化する前に「iCloud」のサインアウトも済ませておきます。「システム環境設定」→「iCloud」の順に選択します。

環境設定のiCloud

次に「Macを探す」をオフにし、「サインアウト」を実行します。

iCloud サインアウト

iMessage(メッセージ)からサインアウトする

「メッセージ」アプリを使用している場合、初期化前にサインアウトします。

「メッセージ」の「環境設定」をクリックします。

メッセージ 環境設定

アカウント」タブを選択し、「サインアウト」を実行します。

メッセージからサインアウトする

「Bluetooth」デバイスのペアリングを解除する

これは必須の作業ではありませんが、BluetoothのマウスやトラックパッドをmacOS初期化後も使用する場合、コンピュータとBluetoothのペアリングを解除しておきます。

Bluetoothのペアリング解除は、「システム環境設定」→「Bluetooth」の順にクリックします。

システム環境設定 Bluetooth

ペアリングを解除する任意のデバイスを選択し、右側に表示されるバツボタンをクリックしてペアリングを解除します。

Bluetooth のデバイスの接続解除

Macを初期化する方法

まず「macOS 復元」から「macOS」を再インストールするため、以下のキーを押しながらMacの電源ボタンを押します。

command + R初期化前と同じバージョンのmacOSをインストール
option + command + R最新バージョンのmacOSにアップグレード

Appleのロゴが表示されたらキーを離します。

macOS 復元 のキーを押す

「macOS ユーティリティ」が起動します。「ディスクユーティリティ」を選択し「続ける」をクリックします。

ディスクユーティリティーを起動

左サイドバーに表示される内蔵ディスクを選択し、「消去」ボタンをクリックします。

初期化する内蔵ディスクを選択して消去ボタンをクリック

フォーマットを「Mac OS拡張(ジャーナリング)」にして「消去」をクリックします。

フォーマットをMac OS拡張(ジャーナリング)にして消去

SSDドライブを搭載したMacの「ディスクユーティリティ」では「確実な消去オプション」を利用することはできません。標準的なディスクの「消去」を実行すればSSDからデータを復元することは困難になるためです。

内蔵ディスクの「消去」が終了したら「完了」ボタンをクリックします。

内蔵ディスクの消去プロセス完了

ウィンドウ左上にある赤いボタンをクリックし、「ディスクユーティリティ」を閉じます。

ディスクユーティリティを閉じる

macOS High Sierra を再インストールする方法

先ほど消去したディスクに「macOS High Sierra」を再インストールします。「macOSを再インストール」を選んで「続ける」をクリックします。

macOSを再インストールを選択して続けるボタンをクリック

「macOS High Sierra」のインストール設定を進めるため「続ける」ボタンをクリックします。

「macOS High Sierra」のインストール設定を続ける

画面上部のメニューバー右隅にあるWi-Fiのアイコンをクリックし、ネットワークに接続します。

メニューバーのWi-Fiアイコンをクリック

ここでMacをWi-Fiに接続しないと「復旧サーバに接続できませんでした」というエラーメッセージが表示されるので、必ずWi-Fiを有効にしておきましょう。

「macOS High Sierra」のソフトウェア使用許諾契約を読み、「同意する」をクリックします。

macOS High Sierra ソフトウェア使用許諾契約に同意する

同意する」ボタンをクリックします。

ソフトウェア使用許諾契約の条件に同意する

「macOS High Sierra」をインストールする内蔵ディスクを選択し「インストール」ボタンをクリックします。

「macOS High Sierra」をインストール

「macOS High Sierra」のインストールが開始されます。インストールが終了するまで待ちます。

「macOS High Sierra」のインストールが開始

「macOS High Sierra」の初期設定

「macOS High Sierra」の初期化(クリーンインストール)後の初期設定をします。

まず「macOS High Sierra」の使用言語を選択し「続ける」ボタンをクリックします。

macOSの使用言語を選ぶ

「キーボード入力環境」を「U.S」もしくは「日本語」の中から選択し、「続ける」ボタンをクリックします。

キーボード入力環境を設定

一覧に表示された「Wi-Fiネットワーク」から任意のネットワークを選択し、Wi-Fiのパスワードを入力して「続ける」ボタンをクリックします。

「Wi-Fiネットワークを選択

「データとプライバシー」について読み「続ける」ボタンをクリックします。

データとプライバシー

「情報の転送方法」を選択します。「Time Machine」のバックアップから復元することもできますし、新しいMacとしてゼロから環境を構築することも可能です。

新しくゼロから設定を構築していく場合は「今は情報を転送しない」を選んで「続ける」ボタンをクリックします。

情報の転送方法を選ぶ

「Apple ID」でサインインします。

Apple ID でサインイン

「macOSソフトウェア使用許諾契約」、「プライバシーポリシー」、「Game Centerの利用規約」を読み、「同意する」をクリックします。

Macos high sierra initialization67

再度「同意する」ボタンをクリックします。

macOSソフトウェア使用許諾契約、Game Centerの利用規約、Appleのプライバシーポリシーに同意する

「コンピュータアカウント」を作成します。フルネーム、アカウント名(ホームフォルダ名)、パスワードを設定し「続ける」ボタンをクリックします。

コンピュータアカウントを作成

「エクスプレス設定」に進みます。Siri、位置情報サービス、解析情報の共有などの設定を自動的に済ませたい場合はそのまま「続ける」ボタンをクリックします。

自分でカスタマイズしたい時はを選んで設定します。

エクスプレス設定

上記で「設定をカスタマイズ」を選択した場合になりますが、「位置情報サービス」の有無を設定します。

位置情報サービスの設定

続けて「Macを解析をAppleと共有」、「クラッシュデータをアプリケーションデベロッパと共有」の設定をします。ちなみに僕はこの設定はオフにしています。

解析情報の共有

Macで音声認識アシスタントの「Siri」を有効にしたい場合、「Siriに頼むを有効にする」にチェックを入れて「続ける」ボタンをクリックします。

音声認識アシスタント「Siri」の設定

Macの「書類」フォルダと、デスクトップ上に並んだファイルを「iCloud Drive」に保存するかどうかを決定し、「続ける」ボタンをクリックします。

iCloud Drive の保存設定

「FileVaultディスク暗号化」を有効にすべきかどうか?

デバイスによって「FileVaultディスク暗号化」の設定項目が出現するMacがあります。

「FileVaultディスク暗号化」を有効にすると、ハードディスクやSSDを丸ごと暗号化してセキュリティを高め、起動ディスク上の情報へ不正アクセスを防止することができます。

FileVault を使って Mac の起動ディスクを暗号化する – Apple サポート

但し「FileVaultディスク暗号化」を有効にすると、データにアクセスするための復旧キーを作成し、管理する必要があります。

「FileVault」の復旧キーを紛失し、さらにMacのアカウントパスワードも忘れてしまった場合は、Macにログインしたり、起動ディスク上のデータにアクセス不可能となるので注意が必要です。

「FileVaultディスク暗号化」は、あとからいつでも設定できる項目なので、とりあえず「FileVaultディスク暗号化を有効にする」のチェックを外して設定を進めることもできます。

FileVaultディスク暗号化

「Touch Bar」搭載のMacは「Touch ID」と「Apple Pay」の設定がある

「Touch Bar」機能を搭載したMacには、Macのロック解除や「Apple Pay」での買い物に利用できる指紋認証機能「Touch ID」の設定があります。

Touch IDの設定

「Touch ID」の設定は、「Touch ID」部分となる電源ボタンに指を当てて離す作業を繰り返すと設定することができます。

「Touch ID」部分に指を当てて離す

「Apple Pay」の設定は、クレジットカードやデビットカードをあらかじめ登録しておくと、「Touch ID」を通じて直接Macでショッピングすることができます。

Macos sierra clean installation10

今回のポイント

あとがき

「macOS High Sierra」を初期化・再インストールの作業でつまづきやすいポイントは、ディスク消去後にMacの「Wi-Fi」を有効にする作業を忘れてしまうことです。

Macのメニューバーにある「Wi-Fi」を有効にしないと「復旧サーバに接続できませんでした」というエラーが出ますので、注意しながら作業を進めてください。

以上、「macOS High Sierra」を初期化(クリーンインストール)、再インストールする方法をご紹介しました。

スポンサード リンク