macOS ― 最新のバージョンにアップデートする方法

Mac 設定・使い方・小技

macOS を最新の状態にアップデートする方法をご紹介します。

スポンサード リンク

ソフトウェアアップデートとは?

Appleは、Macのソフトウェアのアップデートを定期的に提供しています。

最新の「macOS」には、Macの安定性やパフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能の追加、不具合の修正が含まれています。

ソフトウェアアップデートに問題がなければ早急にアップデートしておくことをおすすめします。

今回は「macOS」を最新の状態にアップデートする方法をご紹介します。

macOS を手動でアップデートする方法

「macOS」でソフトウェアアップデートを手動で適用する方法は以下の通りです。

まずMacのデスクトップ画面左上にあるAppleメニューを選択し、「システム環境設定」をクリックします。

システム環境設定

次に「システム環境設定」の上から3段目にある「ソフトウェアアップデート」を選択します。

ソフトウェアアップデート

そのまま「macOS」をアップデートする場合、「今すぐアップデート」ボタンをクリックします。

今すぐアップデート

ちなみに「詳しい情報」のリンクをクリックすると、アップデートの内容を詳しく確認することができます。

詳しい情報

macOS を自動でアップデートする方法

「macOS」を自動でアップデートする場合は、「システム環境設定」→「ソフトウェアアップデート」にある「Macを自動的に最新の状態に保つ」にチェックを入れ、「詳細」ボタンをクリックします。

Macを自動的に最新の状態に保つ

次に自動的に行う操作を選択します。

自動的に行う操作を選択

選択できる操作は以下の通りです。

  • アップデートを確認
  • 新しいアップデートがある場合はダウンロード
  • macOSアップデートをインストール
  • App Storeからのアプリケーションアップデートをインストール
  • システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール

ソフトウェアアップデートは手動の更新がおすすめ

あとがき

ソフトウェアアップデートは、ごく稀にMacにインストールすると不具合を起こすケースも考えられます。アップデートの中身に問題がないことを確認してから、手動でインストールするとトラブルを回避できる場合がありますので是非参考にしてください。

以上、macOS を最新の状態にアップデートする方法をご紹介しました。

更新履歴
  • 2019/01/17 macOS Mojave 10.14.3 で動作確認済み
スポンサード リンク