Mac ― アプリケーションを削除(アンインストール)する方法

Macアプリを簡単に削除(アンインストール)する方法をご紹介します。

「AppCleaner」を使えば「関連ファイル」と一緒にアプリを削除することができ、Macを常に快適な状態に保つことができます。

スポンサード リンク

Macアプリをゴミ箱にドラッグ&ドロップすると関連ファイルが残ってしまう

トリゾー
『Macアプリを削除したい時って「ゴミ箱」にドラッグ&ドロップすればいいの?』

Finder
『基本的にはその方法で大丈夫。
でもアプリの関連ファイルが残るから「AppCleaner」でキレイに削除したほうがいいよ。』


不要になったMacアプリを削除したい時はゴミ箱にドラッグ&ドロップするだけでアンインストールすることができます。

但し、ゴミ箱にドラッグ&ドロップでアプリを削除する方法だと、アプリの各種設定が書き込まれた「関連ファイル」と呼ばれるゴミが残ってしまいます。

アプリの関連ファイルも含めて根こそぎスッキリアプリを削除したい時は「AppCleaner」を使うと便利です。

「AppCleaner」でアプリを削除する方法

▼まず「AppCleaner」を公式サイトからダウンロードし、Macにインストールします。

AppCleanerをダウンロードする

▼次に「AppCleaner」を起動し、削除したいアプリを「AppCleaner」にドラッグ&ドロップします。

削除したいアプリをドラッグアンドドロップする

▲アプリ本体以外に、関連するゴミファイルにもチェックが入っていることを確認し[Remove]ボタンをクリックします。これで関連ファイルも含めてアプリをキレイに削除することができます。

▼また「AppCleaner」には、ドラッグ&ドロップで削除する方法以外にも、アプリをキーワードで検索したり、A〜Zの順にリストアップした状態で選択して削除することも可能です。

アプリをキーワード検索や語順で選んで削除もできる

▲ちなみにMacアプリのアイコンに鍵マークが付いているアプリは「AppCleaner」で削除することができないので注意してください。

▼「AppCleaner」の[Preferences(環境設定)]にある[SmartDelete]を[ON]にすると、ゴミ箱にアプリをドラッグ&ドロップするだけで関連ファイルも一緒に削除できるようになります。

SmartDeleteをオンにする

▼試しに削除したいアプリを「ゴミ箱」にドラッグ&ドロップします。

ゴミ箱にアプリをドラッグアンドドロップする

▼するとアプリの関連ファイルも「AppCleaner」にリストアップされ、チェックを入れると関連ファイルも一緒に削除することができますよ!

アプリの関連ファイルも一緒に削除できる

今回のポイント

あとがき

Macアプリを「AppCleaner」を使わずにドラッグ&ドロップで削除していると、アプリの関連ファイルがどんどん蓄積されてMacの不調を招くリスクが高くなってきます。

削除したいアプリの関連ファイルはなるべく残さずに削除しておくといいですよ。是非参考にしてくださいね。

以上、Macアプリを簡単に削除(アンインストール)する方法でした。

スポンサード リンク