Amazon Echo Dot(アマゾン・エコー・ドット)開封レビュー

音声だけでリモート操作できるスマートスピーカー「Amazon Echo Dot(アマゾン・エコー・ドット)」が届いたので、早速開封とセットアップをしてみました。

結論から言うと、「Amazon Echo」は予想を裏切るレベルで何でもできちゃうスマートスピーカーでした。Appleの「HomePod」大丈夫かな?

スポンサード リンク

Amazon Echo(アマゾン・エコー)とは?

「Amazon Echo」は、音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです。

「Amazon Echo」に「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽を再生したり、天気やニュースの読み上げ、時計アラームのセットなどを音声で簡単に操作することができます。

「Amazon Echo」は、コンパクトサイズの「Echo Dot(エコー・ドット)」、高性能スピーカーを搭載したミドルサイズの「Echo(エコー)」、スマートホーム・ハブ内蔵の「Echo Plus(エコー・プラス)」の3つのモデルがラインナップされています。

「Amazon Echo」の3つのモデルの違いは以下の表の通りです。

 Echo DotEchoEcho Plus
モデルAmazon Echo DotAmazon EchoAmazon Echo Plus
価格5,980円11,980円17,980円
特徴コンパクト高性能スピーカー搭載スマートホーム・ハブ内蔵
Dolby Dual スピーカーなしありあり
サイズ32 × 84 × 84 mm148 x 88 x 88 mm235 x 84 x 84 mm
重量163g821g954g

また、以下の機能に関しては全てのモデルで利用することができます。

「Amazon Echo」全モデルで利用できる機能
  • 音楽のストリーミング再生が可能
  • Bluetooth/3.5 mmステレオジャック接続が可能
  • デュアルバンド Wi-Fi、802.11 a/b/g/n (2.4/5 GHz) に対応
  • スマートホーム・デバイスと連携が可能

「Amazon Echo Dot」ブラックモデルを開封

記事執筆時点で「Amazon Echo」シリーズは、招待制で購入することができます。早速、発売日前日に「Amazon Echo Dot」の招待メールを受け取ったので、運良く購入することができました。

こちらが「Amazon Echo Dot」のパッケージです。

Amazon Echo Dot のパッケージ

カラーはブラックとホワイトの2色となっており、今回はブラックモデルを購入しました。

Amazon Echo Dot 本体側面

「Amazon Echo Dot」は、マイクオフボタン(左)、音量を上げるボタン(上)、音量を下げるボタン(下)、アクションボタン(右)で構成されています。

Amazon Echo Dot 本体上面

付属品として電源アダプタ(21W)が入っています。

Amazon Echo Dot 付属品

「Amazon Echo Dot」本体と電源アダプタを接続すると、こんな感じになります。

Amazon Echo Dot 接続例

あとは「Amazon Echo Dot」の電源アダプタを電源に接続すると、「Amazon Echo Dot」のライトリングが青く点灯します。

Amazon Echo Dot セットアップ

「Amazon Echo Dot」の初期設定の手順

「Amazon Echo Dot」の初期設定の流れは以下の通りです。まず「App Store」にアクセスし、「Amazon Alexa」をiPhone/iPadにインストールします。

Amazon AlexaAmazon Alexa
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ミュージック
App Storeで詳細を見る


次に「Amazon Alexa」を起動し、Amazonアカウントを使ってサインインします。

Amazon aleza にサインイン

「Amazon Alexa」にサインイン後、「続行」ボタンをタップし、続けて「ALEXZAをカスタマイズ」をタップします。

ALEXZAをカスタマイズ

設定するデバイス一覧から「Echo Dot」を選択し、「Wi-Fi を更新」ボタンをタップします。

Wi-Fi を更新ボタンをタップ

「Echo Dot」のセットアップが開始されるので、「Wi-Fiに接続」ボタンをタップし、「Echo Dot」のライトリングがオレンジ色に点灯したら「続行」ボタンをタップします。

Initial setting amazon echo dot03

「iPhone」と「Echo Dot」をWi-Fiで接続するため、「iPhone」内にある「設定」アプリを起動し、「Wi-Fi」をタップします。

Initial setting amazon echo dot08

Wi-Fiのネットワーク一覧の中から「Amazon〜」で始まるネットワーク名(SSID)を選択すると、「Echo Dot」に接続します。

Initial setting amazon echo dot05

続けて自宅で使用しているWi-Fiのネットワーク名(SSID)を選択し、パスワードを入力します。最後に「続行」ボタンをタップします。

Initial setting amazon echo dot02

以上の手順で設定すると、「Amazon Echo」のセットアップを完了することができます。

Initial setting amazon echo dot09

セットアップ終了後、「Amazon Alexa」アプリを起動し、お好みのスキルをインストールしていくことになります。

Initial setting amazon echo dot06

今回のポイント

あとがき

「Amazon Echo Dot」をセットアップを終了し、実際に「アレクサ、〜をしてみて!」と呼びかけてみると、想像以上に音声認識の精度が高くて驚いています。

普段、僕はiPhone/Macの「iTunes」で音楽を聴いたり、インターネットブラウザでオンラインショッピングをしたりしていますが、「Amazon Echo Dot」を使うと、これらの操作があっけないほど簡単にできてしまいます。

さらにお天気情報や電車の乗換経路や料金、ネットバンキングの口座残高まで一瞬で調べることができます。今まで時間と手間をかけて調べていたことが、「Amazon Echo」を使えば簡単にできてしまうわけです。

「Amazon Echo」なんて、どうせ音声で音楽を聴けるぐらいしか出来ないだろうと甘く見ていましたが、良い意味で期待を裏切られた感じです。

音楽を聴くだけではなく、生活に役立つ情報をいろいろと教えてくれるので、かなり使えそうな予感がしています。

「Amazon Echo Dot」は、通常価格が5,980円となっていますが、「Amazon プライム」会員であれば、2,000円引きの3,980円で購入することができます。

とてもコンパクトなサイズなので部屋に置いても邪魔にならないですし、スピーカーも「Dolby デュアルスピーカー」非搭載でも充分に普通に使えるレベルです。

非常にコストパフォーマンスに優れたスマートスピーカーですので、興味のある方は招待メールをリクエストしてみてくださいね。

以上、Amazon Echo Dot(アマゾン・エコー・ドット)開封レビューでした。

スポンサード リンク