iPhone/iPad ― 自動アップデートをオフにする方法

iPhone 設定・使い方・小技

「iOS 12」で追加された新機能「自動アップデート」をオフにする方法をご紹介します。

スポンサード リンク

自動アップデートとは?

「自動アップデート」は「iOS 12」で搭載された新機能で、iOSのソフトウェア・アップデートが配信された時に、夜間帯に自動でインストールする機能です。

iPhone/iPadが充電中かつWi-Fiに接続されている条件を満たした時のみ、夜間帯に自動アップデートが開始されます。

自動アップデートをオン/オフする方法

「iOS 12」で「自動アップデート」の設定を有効にしても、いつでもオン/オフを切り替えることが可能です。

「自動アップデート」をオフにする方法は以下の通りです。

まず、iPhone/iPadの「設定」アプリを起動し、「一般」→「ソフトウェアアップデート」の順にタップします。

設定からソフトウェアアップデートを選択

次に「自動アップデート」をタップして設定をオフにします。

自動アップデートをオフにする

iOSのアップデート不具合回避のため「自動アップデート」はオフ推奨

あとがき

iOSの「自動アップデート」は、iPhone/iPadを充電中かつWi-Fiに接続している時のみ夜間帯に実行されますが、致命的な不具合でiPhone/iPadが起動できなくなるなどのリスクもあります。

iOSのソフトウェア・アップデートは、不具合やエラーなどの情報を確認した後、手動でインストールするのが安全です。

念のため「自動アップデート」はオフにしておくと良いでしょう。

スポンサード リンク