ポケモンGO ― レジロックの弱点・おすすめ対策ポケモン

ポケモンGO 攻略・ニュース

「ポケモンGO」の伝説レイドバトルに登場している「レジロック」の弱点とおすすめの対策ポケモンをご紹介します。

スポンサード リンク

レジロックのレイドバトルはいつからいつまで?

レジロックは、2018年8月17日(金)から9月20日(木)まで伝説レイドバトルに登場します。

レジロックの種族値

レジロックの種族値は、攻撃179、防御356、HP160、最大CP3087となっています。

攻撃179
防御356
HP160
最大CP3087

防御力が高めとなっており、「レジアイス」と同じ種族値となっています。

 レジロックレジスチルレジアイス
攻撃179179143
防御356356285
HP160160160
最大CP308730872261

攻撃力は同じ「いわ」タイプの「バンギラス」や「ゴローニャ」より低い数値に設定されています。

レジロックの技構成

レジロックの技構成はノーマルアタック(技1)に「いわくだき」「いわおとし」、スペシャルアタック(技2)が「ストーンエッジ」「きあいだま」「でんじほう」となっています。

ノーマルアタック(技1)スペシャルアタック(技2)
いわくだきストーンエッジ
いわおとしきあいだま
でんじほう

レジロックのタイプ・弱点

レジロックのタイプは「いわ」です。

レジロックの弱点は「みず」「くさ」「かくとう」「じめん」「はがね」の5つになります。

レジロックの弱点タイプ相性
みず1.4
くさ1.4
かくとう1.4
じめん1.4
はがね1,4

レジロックのおすすめポケモンは「みず」「くさ」「かくとう」タイプ

レジロック対策のポケモンは、「みず・くさ・かくとう」タイプがおすすめです。

特に火力・耐久面で最も優れているポケモンは「カイオーガ」です。

カイオーガの「ハイドロポンプ」が分割ゲージ技ではないため、抱え落ちのリスクがありますが、そのリスクを含めても最も高い火力を発揮することができます。

レジロックの対策ポケモンはカイオーガ・カイリキー・グラードン

但し、レジロックが「でんじほう」を覚えている場合、カイオーガにとっては効果抜群の大ダメージを受けるため、「でんじほう」に強い「グラードン」もバトルパーティーに加えます。

また分割ゲージ技で火力の高い「カイリキー」もレジロック対策におすすめのポケモンです。

上記のポケモンだけでバトルパーティーが埋まらない場合、「きあいだま」を覚えた「ミュウツー」も使えます。

レジロックの対策ポケモンはミュウツー・フシギバナ・キノガッサ

分割ゲージ技の「ハードプラント」を覚えた「フシギバナ」、耐久性は低いものの「カイリキー」より火力が高い「キノガッサ」もおすすめです。

レジロック対策のポケモンノーマルアタック(技1)スペシャルアタック(技2)
カイオーガたきのぼりハイドロポンプ
カイリキーカウンターばくれつパンチ
グラードンマッドショットソーラービーム
ミュウツーサイコカッターきあいだま
フシギバナつるのムチハードプラント
キノガッサカウンターばくれつパンチ

レジロックの個体値100%はCP1764、天気ブースト(時々曇り)はCP2205

レジロックの個体値100%はCP1764(PL20)、天候ブースト(時々曇り)の個体値100%は、CP2205(PL25)となっています。

レジロックに勝利するために必要な最低人数は?

天候ブーストの有無、トレーナーレベルの差、手持ちのポケモンの育成度など諸条件の要素を含めて、最低4〜5人必要となります。

レジロックのゲットチャレンジの難易度

レジロックのゲットチャレンジの難易度は、レジアイスやレジスチルと比較して、やや難易度が高めとなっています。

レジロックは連続の威嚇モーションがあるため、プレミアボールを弾かれやすいです。

レジロックの威嚇モーションが始まったら、レジアイスやレジスチルのタイミングよりも、少しだけ早めにプレミアボールを投げると良いでしょう。

レジロックは防御が堅く、捕獲の難易度も高め

あとがき

レジロックは、レジアイス・レジスチルと同様に防御が堅く、連続威嚇モーションによりプレミアボールの失投が多くなりやすいポケモンです。

またカーブエクセレントでプレミアボールを当てても、逃げやすい傾向がありますので油断せずに高個体値のレジロックを厳選しましょう!

スポンサード リンク