ポケモンGO ―「iPhone X」のレックウザ 捕獲対策

ポケモンGO 攻略・ニュース

「iPhone X」でレックウザを捕獲するための対策をご紹介します。


レックウザのゲットチャレンジの距離修正に合わせて記事の内容を加筆・修正しています。

「iPhone X」はゲットチャレンジに不向きな機種である

「iPhone X」は、縦長ディスプレイのためゲットチャレンジの難易度が高く、プレミアボールが届きにくいデバイスと言われています。

そのため「レックウザ」のゲットチャレンジも難易度が高く、捕獲が難しいと言われています。

今回は「iPhone X」を使ってレックウザを捕獲するための対策をご紹介します。

「きんのズリのみ」と「サークル固定法」を使う

まずは伝説ポケモンの捕獲の基本となる「きんのズリのみ」と「サークル固定法」を使います。

サークルの大きさは、レックウザの顔の大きさと同じか、それよりも少し小さくしておきます。

きんのズリのみを使ってサークル固定

「レックウザ」が下に降りた時を狙う

「iPhone X」でレックウザにプレミアボールが届きにくい場合、レックウザが下に降りてきたタイミングでボールを投げると届きやすくなります。

レックウザが下に降りる位置の目安は、「iPhone X」のサイドボタン下部と同じ高さになります。

iPhone X のサイドボタン下部とレックウザの耳の高さを合わせて投球

レックウザの威嚇後にプレミアボールを投げる

プレミアボールは、レックウザが噛みついた後から回転させます。

Rayquaza raids get challenge edit2

そしてレックウザが元の位置に戻った後にカーブボールで投げます。

プレミアボールは「iPhone X」の画面端に向けて、慌てずにスローする指をしっかりと画面端まで滑走させるように投げます。

Rayquaza raids get challenge edit1

すると、しっかりとカーブエクセレントを決めることが可能です。

Rayquaza raids get challenge4

うまくボールをスローできると、以下のように高確率でカーブエクセレントを投げることができます。

逆にプレミアボールを威嚇終了前に早すぎるタイミングで投げると、レックウザにボールを弾かれてしまいます。

またプレミアボールを投げる指の滑走が短すぎたり、ボールのリリースが早すぎるとプレミアボールが届かなくなります。

レックウザの捕獲は運の要素もありますが、うまくいけば以下のように高個体値のレックウザをゲットすることも可能です。

レックウザの位置がより近くに!ボールの投げるタイミングに要注意!

あとがき

レックウザのゲットチャレンジは、プレミアボールを全球カーブエクセレントでも逃げることがあるので、かなり難しい印象です。

特に「iPhone X」は画面の横幅が狭く、縦長ディスプレイのためゲットチャレンジに向かないデバイスのため、さらに難易度を高くしています。

ちなみに2018年3月13日から「レックウザ」の位置が近くなり、ゲットチャレンジの位置が修正されました。早速、レックウザの距離の修正を比較してみると、かなり近くなっているのがわかります。


【左側】距離修正前のレックウザ。【右側】距離修正後のレックウザ。使用端末は「iPhone X」

また、レックウザの位置が近くなった分、プレミアボールを当てやすくなりましたが、サークルが異常に大きくなり、今までの位置に慣れてきたトレーナーはかなり違和感を覚えると思います。

プレミアボールを投げるタイミングも、今までよりもっと遅いタイミングで投げないとボールを弾かれやすくなっています。

レックウザの威嚇終了後、元の位置に戻ったのを確かめてからボールを投球し始めるくらいのタイミングがちょうど良さそうです。

以上、「iPhone X」でレックウザを捕獲するための対策をご紹介しました。是非、高個体値のレックウザ捕獲にお役立てください。

Pokémon GOPokémon GO
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ゲーム, ヘルスケア/フィットネス
App Storeで詳細を見る


スポンサード リンク