Mac ― SafariでダウンロードしたRAWがTIFFになってしまう時の解決策

Macのインターネットブラウザ「Safari(サファリ)でRAWをダウンロードしたときに、自動的にTIFFの拡張子を追加しない方法をご紹介します。

スポンサード リンク

ChromeでRAWをダウンロードすればTIFFが付かない

クラウドデータサービスに保存したRAWをMacの「Safari」でダウンロードすると自動的にTIFFの拡張子が付加されてしまいます。

SafariでダウンロードしたRAWにTIFFの拡張子が自動で付く

今回はRAWにTIFFの拡張子を追加しない方法をご紹介します。

やり方は簡単です。SafariでRAWをダウンロードすると自動的にTIFFが付加されてしまうので、Chromeなどの別のブラウザでダウンロードすればOK!

ChromeブラウザであればRAWのままダウンロード可能

この方法を使えばRAWのままの状態でダウンロードすることができますよ!

今回のポイント

あとがき

SafariでRAWをダウンロードするとどうしてもTIFFが付加されてしまうので、RAWが必要な時はChromeを使ってダウンロードしてみてください。

以上、Macの「Safari」でダウンロードしたRAWがTIFFになってしまう時の解決策でした。

スポンサード リンク