iPhone ― QRコードは専用アプリがなくても「LINE」で読み取りできる

QRコードを読み取りたい時は、QRコード専用読み取りアプリがなくても「LINE」があれば簡単に読み取ることができます。

スポンサード リンク

「LINE」の「QRコード」ボタンでサイトにアクセスできる

iPhoneでお気に入りのショップの会員登録をしたいときに「QRコード」を使うことがあります。

たまに使う「QRコード」のために、わざわざ専用の読み取りアプリをインストールするのはとても面倒ですよね。

そんな時はiPhoneアプリの「LINE」を使うと便利です。「LINE」の「QRコード」は「友だち追加」だけではなく、ウェブサイトにアクセスすることが可能です。

「LINE」の「QRコード」機能の使い方

▼まず「LINE」を起動し「友だち追加」→「QRコード」の順にタップします。

LINEの友だち追加、QRコードの順にタップ

次にLINEのカメラ機能が起動するので、任意のQRコードをカメラで読み取ります。

▼QRコードの読み取りに成功すると、iPhoneの画面中央にウェブサイトのURLが表示されます。そのまま「開く」ボタンをタップすると目的のウェブサイトを開くことができますよ。

QRコードを読み込んで「開く」ボタンをタップ

今回のポイント

あとがき

年に数回ぐらいiPhoneで「QRコード」を読み取りたいときは、QRコード専用のアプリをインストールするより「LINE」アプリを活用してほうが便利です。

「LINE」は、メールアドレスなどの情報を含んだQRコードは認識できませんが、ウェブサイトのURLを含んだものであれば殆ど読み取ることが可能です。

急遽QRコードを使ってサイトにアクセスしたい時は是非「LINE」アプリを活用してみてくださいね。

以上、QRコード専用アプリを使わずに「LINE」だけでQRコードを読み取る方法のご紹介でした。

LINELINE
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る


スポンサード リンク