Slack bot ― 日経電子版「NIKKEI for Slack」の使い方

Slack

「Slack」で「日経電子版(日本経済新聞)」のニュース(朝刊/夕刊)、人気の急上昇ワードをチェックできるbot「NIKKEI for Slack」をご紹介します。

スポンサード リンク

「NIKKEI for Slack」とは?

「NIKKEI for Slack」は、「日経電子版」で配信しているビジネスニュースを「Slack」で定期配信してくれるbot(ボット)です。

朝刊/夕刊の1面記事や、「日経電子版」でよく検索される人気急上昇ワード、ユーザーが登録したキーワードに関する最新記事などが配信されます。

「NIKKEI for Slack」の設定・使い方

「NIKKEI for Slack」の導入方法は以下の通りです。

まず「NIKKEI for Slack」の紹介ページにある 「Add to Slack」ボタンをクリックします。

Add to Slack ボタンをクリック

続けて「ワークスペース」にサインインした後、NIKKEIボットをインストールし、好きなチャンネルに招待します。

好きなチャンネルにNIKKEIボットを招待する

「NIKKEI for Slack」では、朝刊/夕刊1面記事、人気急上昇ワード、登録したキーワードに関連する最近記事の配信機能を利用することができます。

Nikkei for slack edit5

また「朝刊/夕刊1面記事」の配信方法や、「人気急上昇ワード」の定期配信機能を利用するかどうかも個別に設定することができます。

Nikkei for slack edit4

「NIKKEI for Slack」で使えるコマンド一覧

「NIKKEI for Slack」で利用できるコマンド一覧を以下にまとめました。設定の変更時などにご利用ください。

コマンド一覧操作
/nikkei-add [キーワード]キーワードを登録する
/nikkei-evening夕刊一面を受け取る
/nikkei-helpNIKKEI ボットのコマンド一覧を表示
/nikkei-info購読状況とキーワード設定を確認する
/nikkei-keyword登録済みのキーワード一覧を確認する
/nikkei-morning朝刊の一面を受け取る
/nikkei-search [検索ワード]日経の記事を検索する
/nikkei-subscribe朝夕刊の定期配信を設定する
/nikkei-trend人気急上昇ワードを受け取る
/nikkei-time定期購読の配信時間を設定する

今回のポイント

あとがき

「NIKKEI for Slack」を導入すれば、その日1日の重大ニュースや、ビジネスパーソンが関心を持っているワードを自動的に取得することができて便利です。

自分の気になるキーワードも登録できるので、情報収集用のbotとしてかなり使えそうな予感がします。興味のある方は是非チェックしてみてください。

以上、「NIKKEI for Slack」のご紹介でした。

「Slack」に興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

Macアプリ ―「Slack」の言語を日本語表示に変更する方法

2017.11.17

iPhone/iPadアプリ ―「Slack」の言語を日本語表示に変更する方法

2017.11.17

日経電子版のSlack bot「NIKKEI for Slack」

スポンサード リンク