「macOS Sierra 10.12.3」ソフトウェア・アップデートをインストール

2017年1月24日にAppleが「macOS Sierra 10.12.3」をリリースしたので早速アップデートしてみました。

スポンサード リンク

Touch Bar搭載 MacBook Pro オーナーは必須のアップデート

まず今回リリースされたアップデートの内容のがこちら。

  • 「MacBook Pro(15インチ October 2016)」での自動グラフィックス切り替えが改善されます
  • Touch Bar搭載MacBook Pro(13または15インチ、October 2016)で、Adobe Premiere Proプロジェクトをエンコーディングする際のグラフィックスの問題が解決されます
  • スキャンされたPDF書類を”プレビュー”上で検索できない問題が修正されます

またこのほかにも暗号化で書き出されたPDFファイルの互換性、サードパーティ製アプリがデジタルカメラから画像を読み込む際に発生していた不具合などが修正されているようです。

今回のポイント

あとがき

僕はTouch Bar搭載のMacBook Pro 13インチ(Late 2016)に「macOS Sierra 10.12.3」ソフトウェア・アップデートを適用したのですが、Mac再起動後に何度か黒い画面にAppleマークとステータスバーが表示される状態が繰り返されたため、一瞬「文鎮化したか?」と思いましたが、辛抱強く待っているとログイン画面が表示されました。

Touch Bar搭載 MacBook Pro ユーザーには、必須のアップデートとなっていますので是非お試しください。

同日の同じタイミングでリリースされた「iOS 10.2.1」ソフトウェア・アップデートのインストール方法については、こちらの記事をご覧ください。

iPhoneに「iOS 10.2.1」ソフトウェア・アップデートをインストール

2017.01.25
スポンサード リンク