Mac ― セーフブート(セーフモード)で起動する方法

Macをセーフブート(セーフモード)で起動する方法をご紹介します。

スポンサード リンク

「セーフブート」はトラブルの原因探しとメンテナンスを同時に実行

トリゾー
『急にMacの動作がすごい重たくなるんだけど何が原因なんだろう?』

Finder
『最近、新しいアプリを入れた?』

トリゾー
『昨日リリースされたベータ版のアプリをインストールしたよ。』

Finder
『もしかしたら、そのアプリが原因かもしれないから一度「セーフブート」をやってみようか』


「セーフブート」は、OSの起動に必要な最低限の機能でMacを起動させる方法です。

Macを「セーフブート」で起動すると、ユーザーがインストールしたアプリや周辺機器のドライバーを読み込まずにシステムを起動します。

▼こちらが「セーフブート」時にスキップされる機能の一例です。

  • アプリケーション
  • システム環境設定パネル
  • 「ログイン項目」で自動ログインに指定したアプリ
  • ユーザーがインストールしたフリーフォント
  • 周辺機器のドライバー etc…

また、Macを「セーフブート」で起動すると、Macの内部に蓄積した不要なキャッシュ(フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、システムキャッシュ)を削除してくれます。

さらに「セーフブート」実行時は、起動ディスクも検証し、問題があればディレクトリを自動的に修復してくれるメンテナンス機能も備わっています。

「セーフブート」でMacを起動し、ハードウェアに問題がなければ、直前にインストールしたアプリや周辺機器のドライバーに原因があると推測できます。

「セーフブート」は、以下のような症状が発生した時に実行すると効果が期待できます。

  • macOSが起動しない
  • Macの動作が極端に遅い
  • 特定のアプリが起動しない、もしくはフリーズが頻発する
  • OSのアップデート適用後から調子がおかしい
  • カーネルパニックが頻発する

Macをセーフブート(セーフモード)で起動する方法

▼まずMacの電源ボタンを押し、すぐにキーボードの Shift(シフト)キーを押し続けます。

Shiftキーと電源ボタンを同時に押す

▼Macの起動画面に、Appleロゴと進行状況インジケータが表示されたら、「Shift」キーを離します。起動を高速化するキャッシュを利用しないので、通常の起動よりも時間がかかりますが、しばらくそのまま待ちます。

セーフブートのログイン画面

▲そのままの状態でMacにログインします。ログイン画面右上に小さな赤い文字で「セーブブート」と表示されていれば成功です。

ちなみにMacにログイン後、「セーフブート」の状態になっているかどうかを確認するときは以下の手順で操作します。

▼まずメニューバーにあるAppleマークをクリックし、[このMacについて]をクリックします。

このMacについて

▼次に[システムリポート]をクリックします。

システムレポート

▼左サイドバーにある[ソフトウェア]→[起動モード]が「セーフ」になっていれば、Macが「セーフモード」の状態になっていることを確認できます。

ソフトウェアの起動モードを確認

今回のポイント

あとがき

Macの調子が思わしくない時に「セーフブート」を実行すれば、その原因がハードウェアもしくはソフトウェアにあるのかを切り分けることができ、しかも不要なキャッシュを自動削除、起動ボリュームを自動修復してくれるので、Macのメンテナンス効果も期待できます。

「Shift(シフト)」キーを押しながらMacを起動するだけで簡単に実行できますので、Macの調子が良くない時は是非参考にしてください。

以上、Macをセーフブート(セーフモード)で起動する方法でした。

Macのメンテンス情報に興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

MacBook Pro(Late 2016)を NVRAM(PRAM)リセットする方法

2017.01.26

参考:macOS Sierra: セーフモードで起動する

スポンサード リンク