書き心地が最高のボールペン「ジェットストリームプライム」

最高の書き心地の油性ボールペンを探していました。仕事でもプライベートでも。

ストレスなく文字を書ける。そんなボールペンに遂に出会えました。

三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリームプライム 0.7 SXK300007.24」(回転繰り出し方式)です。

流れるように文字を書く

ボールペンは、仕事でもプライベートでも欠かせない筆記用具のひとつです。

特に仕事ではメモを取ったり、記録をしたり、ボールペンを使う場面がたくさんあります。

仕事中は、常に神経と体力を消耗させているので、文字を書くことで疲労したくありません。

可能な限り、文字は快適に書きたいのです。

ノック式はボディが滑って書きにくい

今までは、ノック式の「ジェットストリームプライム 0.7 SXN220007.24」を愛用していました。

このボールペンは、回転式ライプと形状はほとんど似ているものの、ボディがツルツルとしていて手に汗をかくと滑りやすいデメリットがありました。

書き心地は決して悪くないものの、長時間書く作業をしていると書きづらくなるのです。

また、ボールペンのクリップに安っぽい青い宝石みたいな装飾が付いていて見た目もよくありません。

ノック式のメリットとして、芯の出し入れがしやすいこと、また通常モデルSXR-5の替え芯が使えることでコストパフォーマンスは良かったものの、完全に満足できるボールペンではありませんでした。

メリット
  • 芯の出し入れがしやすい
  • SXR-5の替え芯が使える
デメリット
  • 汗で滑りやすい
  • クリップの装飾がダサい

回転式はマットなボディが手になじむ

今回ご紹介するのは、同じ「ジェットストリームプライム」シリーズでありながら、先ほど紹介したノック式とは全く書き心地が異なるボールペンです。

ジェットストリームプライム 0.7 SXK300007.24 パッケージ

ノック式タイプとデザインは似ていますが、ボディ(胴)がマット仕上げになっており、握ったときに手から滑りにくくなっています。

胴がマット仕上げ

また、ノック式のクリップについていた安っぽい青い宝石の装飾も省かれており、デザイン面でも改良が加えられています。

肝心の書き心地はとてもなめらか。引っかかりが少なく、流れるように文字を書けます。これが筆者の求めていた書き心地です。

この感触は、ジェットストリームプライム専用の芯が入っている恩恵も大きいですが、やはりマットなボディの握り心地の良さがそのまま書き心地の満足度に直結しているためだと思います。

クリップの装飾がシンプル

但し、一方でデメリットもあります。回転式はボディの上部を回さないと芯の出し入れができないため、片手で操作するにはかなり慣れが必要です。ノック式の方がスピーディーに芯の出し入れができます。

回転式のメリットは、ポケットやバッグの中で誤って芯を出したままになることが少ないので、汚しにくいことです。

筆者は今まで大切なバッグや仕事中のユニフォームを、ボールペンの芯を出したまま入れてしまい汚したことがあるので、ノック式よりも回転式ボールペンの方が好みです。

また、回転式のデメリットとして、ボディがマット仕上げのため、硬いものに擦ってしまうと傷がつきやすいかもしれません。

価格もノック式より数百円高くなっているのもネックになります。

メリット
  • マット仕上げで滑りにくい
  • クリップのデザインがシンプル
  • バッグや衣類を汚しにくい
  • 流れるように文字を書ける
デメリット
  • 片手操作が難しい
  • 傷がつきやすい
  • 価格が高い

最高の書き心地のボールペン

油性ボールペン「ジェットストリームプライム」にもノック式と回転式があり、それぞれに違いや特徴がありますが、総合的にみて最高の書き心地を求めるのであれば、「ジェットストリームプライム 0.7 SXK300007.24」を選ぶのが正解だと思います。

是非、使っていただきたいおすすめのボールペンです。

著者コメント

ちなみに回転式の「ジェットストリームプライム」で最高の書き心地をキープするのであれば、替え芯も専用のものを使うのがおすすめです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク