iTunes ―「コンピュータの認証を解除」はMacの売却・譲渡・修理前に必須の作業

「iTunes」で「コンピュータの認証を解除」する方法をご紹介します。

「コンピュータの認証を解除」は、Macの売却・譲渡・修理前に必須の作業となりますので忘れずにやっておきましょう。

スポンサード リンク

iTunes の「コンピュータの認証を解除」とは?

トリゾー
『古くなったMacを売却しようと思うんだけど、何をしたらいいんだろう?』

Finder
『いろいろとやることはあるんだけど、
まずは「iTunes」でコンピュータの認証を解除してみようか』

トリゾー
『なんでコンピュータの認証の認証を解除する必要があるの?』

Finder
『iTunes Storeで購入したコンテンツは、最大5台のコンピュータで共有できるんだけど、
そのまま売却・譲渡すると認証済みのコンピュータの台数にカウントされたままになるのよ。

トリゾー
『手放したMacの認証がそのままになってしまうのは確かに不安になるね。』

Finder
『なるべく譲渡・売却する前は「コンピュータの認証を解除」をしておきたいよね。
でも「コンピュータの認証解除」を忘れても大丈夫だよ。
あとで、すべてのコンピュータを一括解除できる機能もあるからね』


複数のMacを所有しているユーザーは「iTunes」で「コンピュータを認証」すると「iTunes Store」で購入したコンテンツを共有することができます。

「Apple ID」1つにつき最大5台のコンピュータでコンテンツを共有できますが、Macを売却・譲渡・修理する前は「iTunes」で「コンピュータの認証を解除」しておきましょう。

「iTunes」で「コンピュータの認証を解除」をしておかないと、手元にないMacが認証済みのコンピュータとしてカウントされたままになってしまいます。

iTunes で「コンピュータの認証を解除」する方法

▼やり方は簡単です。Macの「iTunes」の[アカウント]→[認証]の順に進み、[このコンピュータの認証を解除]をクリックします。

このコンピュータの認証を解除

▼「Apple ID」とパスワードを入力し、[認証を解除]をクリックします。

認証を解除

▼「このコンピュータの認証は正常に解除されました」と表示されたら無事に設定は完了です。

Itunes unauthorize2

今回のポイント

あとがき

「iTunes」で「コンピュータの認証を解除」する作業は、Macの売却・譲渡・修理前に必須の設定となりますが、万が一忘れてしまっても後で一括で認証を解除すれば大丈夫なので安心してください。

以上、「iTunes」で「コンピュータの認証を解除」する方法でした。

「iTunes」に関連する記事に興味のある方はこちらの記事もおすすめです。

iTunes ―「コンピュータを認証」すると最大5台のMacで音楽・映画を再生できる

2017.01.29

参考:Apple サポート

スポンサード リンク