iTunes ―「コンピュータを認証」すると最大5台のMacで音楽・映画を再生できる

「iTunes(アイチューンズ)」でコンピュータを認証する方法をご紹介します。

スポンサード リンク

「iTunes」の「コンピュータの認証」とは?

トリゾー
『最近2台目のMacを買ったんだけどさ。
「iTunes Store」で購入した音楽って、2台目のMacでも聴けるの?』

Finder
『iTunesの設定で「コンピュータの認証」を有効にしたら聴けるよ』

トリゾー
『iTunesで購入した映画とか音楽って買い直さなくても大丈夫なの?』

Finder
『買い直さなくても大丈夫。
1つの「Apple ID」につき最大5台のコンピュータで再生できるよ』


最近は複数のMacを所有するユーザーが増えています。

例えば僕のようにiMacを自宅用のマシン、MacBook Proを外出用のサブマシンとして複数のMacを使い分けているユーザーも多くいます。

複数のMacを所有していると「iTunes Store」で購入した音楽や映画を買い直さないといけないの?とよく聞かれるのですが、「iTunes」の「コンピュータの認証」を設定すれば、1つのApple ID につき最大5台のコンピュータでコンテンツを再生することが可能です。

もちろん5台のコンピュータの中にWindowsのPCが入っていても大丈夫です。

「iTunes」でコンピュータを認証する方法

▼設定方法は以下の通りです。まずMacの「iTunes」を起動し、[アカウント]→[認証]の順に進み、[このコンピュータを認証]をクリックします。

このコンピュータを認証をクリック

▼「Apple ID」とパスワードを入力します。

「Apple ID」とパスワードを入力

▼「コンピュータの承認が完了しました」というメッセージが表示されたら、無事に設定完了です。

コンピュータの承認が完了

以上の設定で「iTunes Store」で購入したアプリ、オーディオブック、iBooksで購入したコンテンツ、音楽、映画などのコンテンツを同期・再生することができますよ!

今回のポイント

あとがき

複数のMacを所有している場合に、「iTunes Store」で購入したコンテンツは最大5台のコンピュータで同期・再生することができます。

コンテンツを買い直さなくても大丈夫なので安心してください。

以上「iTunes」でコンピュータを認証する方法をご紹介しました。

参考:Apple サポート

スポンサード リンク