ポケモンGO ― ホウオウの弱点・おすすめ対策ポケモン

ポケモンGO 攻略・ニュース

「ポケモンGO」の「レイドウィークエンド」に登場している「ホウオウ」の弱点と対策ポケモンをご紹介します。

スポンサード リンク

ホウオウ・レイドはいつからいつまで?

伝説のポケモン「ホウオウ」が2018年12月15日(土)から12月27日(月)までの期間限定で復活することが正式に発表されました。

ホウオウのタイプ・弱点

ホウオウのタイプは「ほのお」と「ひこう」です。

ホウオウの弱点は「いわ」「みず」「でんき」の3つになります。特に「いわ」タイプはホウオウの二重弱点となります。

ホウオウの弱点タイプ相性
みず1.6
でんき1.6
いわ2.56

ホウオウのおすすめポケモンは「いわ」タイプ

ホウオウ対策のポケモンは、二重弱点を突くことができる「いわ」タイプがおすすめです。

特に「うちおとす」と「ストーンエッジ」を覚えた「バンギラス」は最も火力が高いポケモンです。可能であれば複数体の「バンギラス」をバトルパーティーに選出します。

「うちおとす」を覚えたバンギラスを育成していない場合、同じ「いわ」タイプの「ゴローニャ」や「じめん/いわ」タイプの「ドサイドン」も高い火力を発揮することができます。

但し「ホウオウ」の技2(スペシャルアタック)が「ソーラービーム」の場合、「いわ」タイプのポケモンは一瞬で倒されてしまいます。

「ソーラービーム」対策のポケモンとして「エレキブル」、「ライコウ」、「サンダー」、そして防御力が高い「レジロック」のバトルパーティーも検討します。

「いわ」タイプのポケモンが手持ちにいない場合は、「みず」タイプの「カイオーガ」や「ドラゴン」タイプの「レックウザ」もホウオウ対策のポケモンとして活躍が期待できます。

ホウオウ対策ポケモンノーマルアタック(技1)スペシャルアタック(技2)
バンギラスうちおとすストーンエッジ
ドサイドンうちおとすストーンエッジ
ゴローニャいわおとしストーンエッジ
レジロックいわおとしストーンエッジ
カイオーガたきのぼりハイドロポンプ
エレキブルでんきショックワイルドボルト
ライコウでんきショックワイルドボルト
サンダーでんきショック10万ボルト
レックウザドラゴンテールげんしのちから

ホウオウの個体値100%は2207、天気ブースト時は2759

ホウオウの個体値100%はCP2207(PL20)、天候ブースト(晴れ・強風)時の個体値100%は、CP2759(PL25)となっています。

通常最大CP天候ブースト最大CP
22222778(晴れ・強風)

ホウオウに勝利するために必要な最低人数は?

「ホウオウ」の種族値は高く、特に防御は全ポケモンの中で上位から7番目となっており、堅い防御力を誇っています。

最大CP攻撃防御HP
3863254259229

天候ブーストの有無やトレーナーレベルの差などの諸条件の要素を含めて、最低4〜5人いれば「ホウオウ」に勝利できるはずです。

ホウオウのゲットチャレンジ難易度

ホウオウのゲットチャレンジの難易度はやや高めとなります。

ホウオウのサークルはとても大きく、サークル固定法を使ってカーブエクセレントスローを決めることは簡単なのですが、ホウオウはかなり逃げやすい印象です。

色違いホウオウのゲットチャレンジ難易度

色違いのホウオウの捕獲率はほぼ100%です。カーブ無しのストレートスローでも捕獲できます。少しでも多くの「ホウオウ」のアメを得たい場合は「パイルのみ」を使うことも検討します。

高個体値の色違いホウオウを捕獲できる絶好のチャンス!

あとがき

「ホウオウ」の高個体値厳選がまだ終わっていないトレーナーや、色違い「ホウオウ」をゲットしていないトレーナーにとっては、絶好のチャンスとなっていますので是非出現期間中に捕獲しておきましょう。

以上、「ホウオウ」の弱点と対策ポケモンをご紹介しました。

スポンサード リンク