Mac ― Grab(グラブ)で「Touch Bar」のスクリーンショットを撮影する方法

Mac ― Grab(グラブ)で「Touch Bar」のスクリーンショットを撮影する方法をご紹介します。

スポンサード リンク

「グラブ」で「Touch Bar」をスクリーンショット撮影できる

トリゾー
『Touch Bar のスクリーンショットって、「Command」+「Shift」+「6」キーを押すと簡単に撮影できるんだね』

Finder
『Touch Bar搭載のMac限定だけど、「macOS Sierra 10.12.2」からできるようになったんだよ。』

トリゾー
『Touch Bar のスクリーンショット撮影で、もっと便利な方法ってある?』

Finder
『Grab(グラブ)を使えば、タイマー付きで「Touch Bar」をスクショ保存できるよ』


「macOS Sierra 10.12.2」から「Command」+「Shift」+「6」キーを押すと「Touch Bar」のスクリーンショットできるようになりました。

とても便利なショートカットなのですが、撮影前に他のアプリやキーを押すと「Touch Bar」が消えてしまうことがあります。

「Touch Bar」をタイミング良く撮影したいときは「グラブ」のタイマー機能を使うと便利です。

タイマー付きで「Touch Bar」をスクリーンショット撮影する方法

やり方は簡単です。まずMacの[アプリケーション]フォルダ→[ユーティリティ]フォルダにある[グラブ]を起動します。

▼次に[取り込み]→[タイマーでTouch Bar]の順にクリックします。

Grab touch bar screenshot1

▼[タイマーを開始]ボタンを押すと10秒後に「Touch Bar」をスクリーンショット撮影することができます。

Grab touch bar screenshot2

▲この10秒間に撮影したい「Touch Bar」を表示させ、スクリーンショット撮影が終わるまで待機します。

▼すると、こんな感じで失敗なく「Touch Bar」のスクリーンショットを撮影することができますよ!

Grab touch bar screenshot3

今回のポイント

あとがき

「Touch Bar」のショートカットでうまくスクリーンショットを撮影できないときは、「グラブ」のタイマー機能を使うと便利ですよ。

ショートカットを使った「Touch Bar」の撮影方法とあわせてご活用ください。

以上、MacのGrab(グラブ)で「Touch Bar」のスクリーンショットを撮影する方法でした。

スポンサード リンク