ポケモンGO ―「フレンド機能」追加!ポケモン交換やギフティングが可能に

ポケモンGO 攻略・ニュース

「ポケモンGO」は、友だちと協力してプレイできる「フレンド機能」を追加し、ポケモンの交換(トレード)や「ギフティング」機能を実装することを正式に発表しています。

スポンサード リンク

「フレンド機能」とは?

「フレンド機能」は、「ポケモンGO」で仲良しの友だちと協力してプレイできる新機能です。

「フレンド機能」で以下の機能を利用することができます。

フレンド機能で出来ること
  • ポケモンの交換(トレード)
  • ギフティング(友だちにギフトを贈る)
  • ジムバトル・レイドバトルを協力して有利に戦う

フレンドになるための条件は?

友だちとフレンドになるためには、トレーナー固有のID「トレーナーコード」を相手とシェアする必要があります。

具体的な手順としては、「フレンド」になりたい相手のトレーナーコードを入力し、リクエストを送ります。

相手がリクエストを承認すると「フレンド」となり、フレンドリストに表示されます。

フレンドリスト

フレンドになると以下のステータスが表示されるようになります。

  • 最近捕まえたポケモン
  • 現在の相棒ポケモン
  • バトルの勝利数
  • これまで歩いた距離
  • トレーナーレベル

「ギフト」はフレンドに贈る専用アイテム

ポケストップやジムのフォトディスクを回したとき、特別な「ギフト」を手に入れることができるようになります。

ギフト

「ギフト」は自分では開封できませんが、フレンドに贈る専用アイテムとなります。

「ギフト」には冒険に役立つ道具のほか、アローラの姿をしたポケモンのタマゴが入っていることがあります。

フレンドの「仲良し度」とは?

フレンドには、どれだけ一緒に冒険を共にプレイしたのかを示す「仲良し度」という指標があります。

仲良し度には「知り合い・友達・仲良し・親友・大親友」の5段階があります。

フレンドの仲良し度

フレンドの「仲良し度」を上げる方法とは?

フレンドとの「仲良し度」を上げる方法は以下の通りです。

ここにタイトル
  • フレンドにギフトを贈る
  • フレンドと一緒にレイドバトルやジムバトルに参加する
  • ポケモンを交換(トレード)する

フレンドの「仲良し度」を上げるメリットとは?

フレンドとの「仲良し度」を上げて、フレンドと一緒にレイドバトルやジムバトルに参加すると、以下のメリットを得ることができます。

  • レイドバトルやジムバトルに参加すると、アタックボーナスが発生する
  • レイドバトルでもらえるプレミアボールの数が増える。

ポケモンを交換(トレード)するための条件は?

ポケモン交換(トレード)の条件

ポケモンを交換(トレード)するためには、交換する相手と「フレンド機能」でつながっていることが必要です。

また、お互いのトレーナーレベルが10以上であることが条件となります。

さらにフレンド同士が近くにいることが必要で、ポケモンの交換には「ほしのすな」がコストとして必要になります。

但し、13歳未満の方はポケモン交換を行うことができないので注意が必要です。

ポケモンを交換するとアメがもらえる

ポケモン交換後にアメをもらえる

フレンドとポケモンの交換が成立すると、交換したポケモンのアメをもらうことができます。

お互いのポケモンをつかまえた場所の距離が遠いほど、アメの量も増加します。

ポケモンを交換すると個体値がリセットされる

ポケモン交換後は個体値はリセット

ポケモンを交換すると、そのポケモンの個体値はリセット(再設定)されます。

個体値の高いポケモンを交換すると、結果的に個体値が低くなる可能性があります。

一方、個体値の低いポケモンを交換すると、個体値が高くなる場合もあります。

伝説・色違い・図鑑未登録のポケモンは1日1回のみ

特別なポケモン交換

伝説のポケモン、色違いのポケモン、図鑑に未登録のポケモンを交換する場合は「特別なポケモン」の交換となります。

「特別なポケモン」の交換は、フレンドの仲良し度が「友達・仲良し・親友・大親友」であることが条件となり、1日1回のみ行うことができます。

Friends trading edit10

また、コストとしてかかる「ほしのすな」も通常の交換よりも多く必要になります。

但し、仲良し度の高いフレンド同士であれば、交換に必要な「ほしのすな」は少なくなります。

幻のポケモンは交換できない

唯一、幻のポケモン(ミュウ)は、フレンドと交換することができないので注意が必要です。

一人ぼっちトレーナーは「フレンド」の獲得が大きな課題に!

あとがき

今まで僕は「ポケモンGO」を一人でプレイしてきましたが、「フレンド機能」のメリットが大きすぎますね。

もはや「フレンド」の存在なくしてはプレイできないゲームになってきた感じがします。

捕獲できなかった色違いのポケモンや、未登録のレアポケモンの交換もしたいし、レイドバトルの協力プレイでプレミアボールを1球でも多く欲しいし、「フレンド機能」でやりたいことは多いです。

一人ぼっちで「ポケモンGO」をプレイしてきたトレーナーは、「フレンド」の獲得が大きな課題となりそうです。

ポケモンGO ―「フレンド機能」の使い方

2018.06.22
スポンサード リンク