Mac ― ストレージの空き容量を劇的に増やす方法

Macの内蔵ストレージ(ハードディスク・SSD)の空き容量を劇的に増やす方法をご紹介します。

スポンサード リンク

ハードディスク・SSDの空き容量が足りなくなった時に役立つ!

Macを長期間使っていると内蔵ディスクの空き容量がどんどん少なくなっていきます。

「macOS Sierra」では「iCloud Drive」の「Optimized Storage」やストレージの最適化機能も搭載されているため、内部ストレージの空き容量を増やすことができます。

▼やり方は簡単です。まずメニューバーにあるAppleマークをクリックし「このMacについて」をクリックします。

「このMacについて」を選択

▼次に「ストレージ」タブを選択し「管理」ボタンをクリックします。

「ストレージ」を選択

▼左サイドバーを見ると、ストレージの使用状況をカテゴリー別に確認することが可能です。任意のカテゴリーをクリックして必要のないファイルを削除することもできます。

Dramatically increase storage space mac3

▲またすべての写真とビデオをiCloudに保存し、ストレージの空き容量が必要な時だけMacにファイルを残す「iCloudに保存」、視聴済みのiTunesムービーやテレビ番組を自動的にMacから削除する「最適化」、30日以上経過したファイルを自動的に削除する【ゴミ箱を自動的に空にする】機能を「入にする」などを活用するとさらにストレージの空き容量を増やすことができます。

▼さらに上の写真にある【不要なファイルを削除する】の項目の「ファイルを確認」をクリックすると、書類をファイルサイズの大きい順にリストアップしてくれるので、不要な書類を削除してストレージの空き容量を増やすことも可能です。

Dramatically increase storage space mac2

iCloudの「Optimized Storage」を有効にする

「macOS Sierra」ではMacに保存された古いファイルをiCloudに保存し、Macのストレージの空き容量を確保する「Optimized Storage」という機能があります。

ハードディスクの空き容量が少なくなっても、ハードディスクの容量不足を防ぐことができます。

▼設定方法は簡単です。まず「システム環境設定」→「iCloud」の順にクリックします。

Dramatically increase storage space mac6

▼次に「iCloud Drive」の「オプション」をクリックします。

Dramatically increase storage space mac7

▼ウィンドウ下にある「Macストレージを最適化」にチェックを入れれば設定完了です。

Dramatically increase storage space mac5

今回のポイント

あとがき

MacのハードディスクやSSDの容量が少なくなってきたかな?と感じたら上記の設定を試すと簡単に空き容量を増やすことができますので是非参考にしてください!

以上、Macのストレージの空き容量を増やす方法のご紹介でした。

スポンサード リンク