Mac ― Handoff(ハンドオフ)をオフにする方法

Macの「Handoff(ハンドオフ)」をオフにする方法をご紹介します。

スポンサード リンク

Handoff(ハンドオフ)とは?

「Handoff(ハンドオフ)」は、「OS X Yosemite(ヨセミテ)」で追加された新機能です。

「Handoff」を有効にすると、Mac・iPhone・iPadで中断した作業をどのデバイスからでも再開することが可能です。

「Handoff」は以下のアプリケーションで利用することができます。

  • メール
  • Safari
  • Pages
  • Numbers
  • Keynote
  • マップ
  • メッセージ
  • リマインダー
  • カレンダー
  • 連絡先

また「macOS Sierra(シエラ)」では、「Handoff(ハンドオフ)」を利用した「Universal Clipboard(ユニバーサルクリップボード)」を利用することもできます。

Handoff(ハンドオフ)をオフにする方法

▼やり方は以下の通りです。まずメニューバーにあるAppleマークをクリックし「システム環境設定」をクリックします。

システム環境設定を選択

▼次に「一般」を選択します。

「一般」を選択

▼ウィンドウ最下段にある「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」のチェックを外します。

このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可のチェックを外す

これでMacのMacの「Handoff(ハンドオフ)」をオフにすることができますよ。

今回のポイント

あとがき

「Handoff(ハンドオフ)」を有効にすると、Bluetoothが常にオンになっているのでMacの内蔵バッテリーの消費が早くなります。

またMacの動作も重くなることがあるため、特に「Handoff(ハンドオフ)」機能を使う必要性がなければオフにしておくことも可能です。

以上、Macの「Handoff(ハンドオフ)」をオフにする方法でした。

スポンサード リンク