【北千住】店内撮影禁止のレトロな古民家カフェ「傳吉商店」

北千住駅近くにあるレトロな古民家カフェ「傳吉商店(でんきちしょうてん)」をご紹介します。

スポンサード リンク

北千住駅近くのレトロな古民家カフェ「傳吉商店」

北千住駅周辺で「MacBook Pro」を持ち込んで作業できるカフェを探していたところ、昭和っぽい雰囲気のレトロな古民家カフェ「傳吉商店」を発見!

絶品のホットケーキとレトロな隠れ家的雰囲気が最高だったのでご紹介します。

Cafe denkichi shoten5

「傳吉商店」は北千住駅西口から歩いて5分、北千住西口商店街「きたろーど1010」を進み、TSUTAYA北千住店前を左折、しばらく真っ直ぐ進んで見える「吉野家」を右折した細い路地裏にあります。

一見すると普通の古い民家なので、店の場所がわかりにくく、見つけたとしても足を踏み入れていいのか迷うはず。

「傳吉商店」を見つけるためには、玄関にある緑色のポストと「傳吉商店」と書かれた丸い門柱灯が目印になります。

Cafe denkichi shoten6

「傳吉商店」の店舗内写真については記事執筆時点で「店内撮影禁止」となっており、内装やドリンク・フードの写真を撮影することができません。

以下、テキストだけの紹介となりますが、想像しながら読んでもらえると助かります。

店内は外観と同じく、木造の古めかしく暖かみのある雰囲気になっています。

カウンターに4席、テーブル席が3つ並んでいます。電源やWi-Fiはないので、モバイルWi-Fiルーターとバッテリーの準備が必要です。

人気のホットケーキは注文してから焼き上げるので約20分くらい待ちます。ちなみに「傳吉商店」の絶品ホットケーキのラインナップはこちら。

  • プレーンほっとけーき:600円
  • クリームチーズほっとけーき:780円
  • 胡麻とピーナッツバターのほっとけーき:780円
  • チョコバナナほっとけーき:880円
  • BLTCほっとけーき:880円

僕は「プレーンほっとけーき」と「カフェオレ」を注文しました。

焼き上げるまでの時間、テーブルに「MacBook Pro」を広げてLightroomで画像編集をしていましたが、昭和の懐かしい雰囲気のなかで待ち時間を気にせず快適に過ごすことができました。

しばらく待って登場したホットケーキは、今までに見たことがない大きなサイズで、5センチ以上の厚みがありました。

バター、ホイップクリームがこんもりと添えられており、お好みでメイプルシロップをかけて食べることができます。

ホットケーキはふんわりとやわらかく絶品です。Macを持ち込んで作業しながら食べるホットケーキは格別の味ですよ!

今回のポイント

あとがき

「傳吉商店」は午前9時から営業しており、落ち着いた雰囲気でくつろぎたいときにおすすめの隠れ家的スポットです。

電源やWi-Fiはありませんが、あのレトロな雰囲気を一度味わうと何度もリピートしたくなると思いますよ!

レトロな雰囲気だけではなく、人気のホットケーキも最高に美味しいので興味のある方は是非訪れてみてください。

以上、北千住駅近くにあるレトロな古民家カフェ「傳吉商店(でんきちしょうてん)」のご紹介でした。

【店舗情報】

営業時間 9:00~19:00(L.O 18:30)
定休日 水曜日
アクセス 北千住駅西口から徒歩5分
電源・Wi-Fi 電源:無 Wi-Fi:無
住所 東京都足立区千住2-31
TEL 03-6311-1082
スポンサード リンク