Apple Watch ―「シアターモード」の設定と使い方

「Apple Watch」の「watchOS 3.2」に搭載された新機能 「シアターモード」の設定と使い方をご紹介します。

スポンサード リンク

シアターモードとは?

「シアターモード」は、「watchOS 3.2」に搭載された新機能です。

通常「Apple Watch」に通知が届いた場合、「Apple Watch」がブルブルと振動し、手首を自分に向けて傾けると「Apple Watch」の画面が点灯します。

「シアターモード」を有効にすると消音となり、通知が届いた時に「Apple Watch」は振動しますが、手首をどの方向に傾けても「Apple Watch」の画面は点灯しません。

「Apple Watch」の画面を指でタッチする、「サイドボタン」を押す、もしくは「デジタルクラウン」を回すことで画面を点灯させることができます。

「シアターモード」は映画館や劇場など、暗い室内で「Apple Watch」の画面を点灯させたくない時に役立ちます。

シアターモードの設定・使い方

シアターモードの設定方法は以下の通りです。

▼まず「watchOS 3.2」以上を搭載した「Apple Watch」を起動し、文字盤が表示された画面を下から上に向かって指でスワイプします。

Apple watch theater mode3

▼コントロールセンターが表示されるので、そのまま画面の下方向にスクロールさせます。

Apple watch theater mode2

▼一番左下に仮面のようなアイコンがあります。

Apple watch theater mode1

▼このアイコンをタップすると「シアターモード」を有効にすることができます。

Apple watch theater mode4

今回のポイント

あとがき

ちなみに「Apple Watch Series 2」の場合、「シアターモード」を有効にした状態で「デジタルクラウン」をゆっくり回すと、画面を少しずつ明るくすることができて便利です。

個人的に「シアターモード」は映画館でも重宝しますが、会社のデスクワーク中に「Apple Watch」を装着した手首が微妙な角度で点灯し、隣にいる人に自分の「Apple Watch」の通知画面を晒したくない時にも役立ちます。

とても便利な機能なので、是非お試しください。

以上、「Apple Watch」の「シアターモード」の設定と使い方でした。

スポンサード リンク