iPhone/iPad ―「このアクセサリは利用できない可能性があります」エラーの対処法

iPhone トラブル解決

iPhone、iPadを充電しているときに画面に「このアクセサリは利用できない可能性があります」 と警告画面が出た時の対処法をご紹介します。

スポンサード リンク

「このアクセサリは利用できない可能性があります」エラーとは?

iPhone、iPadにLightning(ライトニング)ケーブルを接続して充電しているときに「 このアクセサリは利用できない可能性があります 」 という警告が表示されることがあります。

Lightningケーブルを再度接続し直すことでエラーを解決できることもありますが、充電できない・充電が遅いといった症状が出ることがあります。

警告が頻回に続く場合は以下の原因をチェックしてみましょう。

「このアクセサリは利用できない可能性があります」エラーの原因

「このアクセサリは利用できない可能性があります」の警告が出る理由として、以下の原因が考えられます。

エラーの原因
  • アクセサリが故障・破損している
  • アクセサリがApple認定品(MFi認定)ではない
  • アクセサリがiPhone・iPadでサポートされていない
  • iPhone・iPadのコネクタ(端子部分)が汚れている・破損している

以上の項目に該当する場合、以下の手順で問題の解決を試みます。

「このアクセサリは利用できない可能性があります」エラーの対策・解決法

iOSを最新バージョンにアップデートする

アクセサリによっては、最新バージョンの「iOS」が必要となることがあるため、iPhone/iPadにインストールしている「iOS」を最新バージョンにアップデートします。

iPhone/iPadとアクセサリに互換性があるかを調べる

アクセサリによっては、特定のモデルのiPhone/iPadでしか使用できない場合があります。例えば「iPhone XS」では使用できても、「iPhone SE」では利用できないアクセサリが存在する可能性もあります。

現在使用しているiPhone/iPadのモデルとアクセサリに互換性があるかどうかを、アクセサリの製造メーカーのウェブサイトで調べてみましょう。

他社製ケーブルは「MFi認証」取得済みか確認

また、Apple純正以外の他社製ケーブルを使用している場合、そのケーブルが「MFi認証」を取得済みかどうかを確認します。

「MFi認証」とは、Appleが定める性能基準を満たした認定製品であることを意味します。

アクセサリのパッケージに「MFi認証」 マークが入っているかチェックしてみましょう。

Accessory may not be available2

アクセサリに「MFi認証」がない場合、その製品は模造品か偽物の可能性があるため「MFi認証」を取得しているアクセサリを使用します。

アクセサリやiPhone/iPadの端子が破損・汚れていないか確認する

iPhone/iPadに接続したアクセサリを何度か接続し直しても警告が表示される場合は、アクセサリやデバイスのコネクタが破損もしくは汚れていたり、異物が詰まったりしている可能性もあります。

必要に応じてiPhone/iPadのコネクタから異物や汚れを取り除き、クリーニングします。

Apple純正ケーブルを使用しても警告が出ることがある

あとがき

「iOS 12.1.3」のリリース後、それ以前までは正常に使用できていた「MFi認証」取得済みの他社製Lightningケーブルが、「このアクセサリは利用できない可能性があります」の警告が出て使えなくなったのですが、Apple純正のLightningケーブルに交換することでエラーを解決することができました。

ちなみに「このアクセサリは利用できない可能性があります」の警告エラーは、Apple純正のケーブルを使用している時にも表示されることがありますので、上記の原因と対策を踏まえた上で、Apple純正ケーブルもしくは「MFi認証」取得済みの他社製ケーブルに交換すると問題が解決することがありますよ。

以上、iPhone、iPadを充電しているときに画面に「このアクセサリは利用できない可能性があります」 と警告画面が出た時の対処法をご紹介しました。

スポンサード リンク